« 薔薇の季節のローズガーデンへ | トップページ | しつけ講習会 »

2005/05/22

風水セミナーに行く

今日は、東京電力が主催した李家幽竹さんの「幸になるオール電化・インテリア風水」というセミナーに参加した。

私が風水を初めて知ったのは、16~17年前だと思う。
最初のきっかけは、ananだかなんだかの占いだかなんだかで知ったんだと思う。元々、占い好きだけどおどろおどろしいのは嫌い。インテリアや雑貨好きだけどセンスまるでなし。占いとインテリアがドッキングした風水に魅力を感じたのも必然だろう。センスゼロの私でも、風水の教え通りにインテリアを考えると、なんとなくしっくりくるし、家相占いの様におどろおどろしい感じがしないのも良かった。

その後、風水を実践したり休んだりで10年位経った頃、テレビで「全く客が入らない焼き肉屋」に風水の魔法をかけている李家幽竹さんを見た。

彼女が実践したのは、とても簡単な事だった。詳しくは覚えていないが、玄関とフロアを毎日水拭きする事とトイレと水槽をちょこっと変えたのだったと思う。たったそれだけで、その焼き肉屋は商売繁盛をしだしたのだ。その時の季家さんは、普通のお嬢さんのかっこをしていて、占い師というよりは「近所のインテリア好きな普通のお姉さん」という感じでとても親しみを感じた。

それからまた数年、風水を実践しないまま数年が経ち、去年の秋に偶然みつけた幽竹さんの本を読み始めたら、占いではなく環境学という理論的な考え方や、女性向けの雑貨やインテリアを全面に出した風水インテリア、そして全体的に明るいプラスパーに溢れている季家風水ワールドにすっかりハマってしまったのだ。

運命のお導きとは面白いもので、幽竹さんに陶酔しきっていた今年の春、幽竹さんのオフィスでこの春からセミナーが開催される事を知った。そのセミナーを受講すれば「プチ風水師」になれるという。行きたい!ぜひ、幽竹さんから風水の基礎からたたき込んで欲しいし、毎月、幽竹さんに会えるなんて夢のようだ。
がしかし、受講料は主婦の私がポンと出せる金額ではなかった。でも、幽竹さんは、今後はセミナーを開催する予定はないと言う。迷いに迷っていた私は、ある幽竹さんのコメントを読んでセミナー参加を諦めた。

幽竹さんは、
  「セミナーの生徒さんと、色んなところに一緒に出かけたり、季節のパーティーをして楽しみたい♪」
とおっしゃっていたのだ。

無理・・・私には無理・・・。憧れの幽竹さんと一緒に出かけるなんて絶対に無理ぃ!私は病的に気が小さく、憧れの人と会うだけで、前日から眠れず、朝から気持ち悪くなってしまうタイプなのだ。

セミナーに参加する事になったら、私は視力が悪いので、座席は前の方に座りたい。がしかし、前に座ると、幽竹さんをより一層近くに感じてしまうし、運が悪ければ目があったり、指される事もあるだろう。たくさん質問がありながらも緊張するあまり、「・・・あ、特にありません」と暗くうつむき返事をしてしまうのがオチだ。そして季家さんからも生徒さん達からも「あの人、暗いわ」と思われてしまうだろう。そんなのイヤだ。

イヤだからこそ、無理に明るく振る舞まるかもしれない。積極的に手を挙げて質問もバンバンしよう。幽竹さんも「この人、明るくて感じのいい人ネ。そうだわ、今度のパーティーの幹事さんになってもらおう。」なんて思って、私に幹事の依頼をしてくるかもしれない。無理、幹事は絶対に無理。私の明るさは、ウチからにじみ出る明るさではなく、所詮、上っ面だけの明るさなのだ。偽明るい女の私に、人様をまとめる力なんてない。でも、幽竹さんから期待されたと勘違いした私は張り切ってしまうだろう。そして、たった一回のパーティーで燃え尽きてしまうだろう・・・

まだセミナーに応募もしていないのに、すでにここまで妄想した私は、それだけで気持ち悪くなってしまい、セミナーへの参加は断念した。

ところが今回、「東京電力」の電力館で1時間30分のセミナーに500円で参加出来る当選券を手に入れる事が出来たのだ。生季家さんに会える!!ホールでのセミナーだから、小さい劇場くらいの大きさだろう。その大きさなら小心者の私でも大丈夫だ。セミナーも楽しみなら、生季家さんと同じ空気を吸えば、めちゃプラスのパワーを吸収出来るだろう。楽しみ楽しみ!!

そして、今日はいよいよセミナーの朝。張り切って早起きだ。
余裕を持って、会場には30分前には入ろう。席は前の方に座って、より近くで生幽竹さんを拝もう。そう思っているうちに、、またもや妄想ワールドに突入してしまった。

張り切って30分前に会場に入り一番前の席に座ると、舞台では幽竹さんが打ち合わせをしていた。ジッとみつめる私に気が付き、幽竹さんは私に声をかけて下さる。私は、緊張しつつも、普通を装い「偽ナチュラル女」になりきり、会話をするだろう。私は、さりげなく、李家風水の素晴らしさとどういう所に惹かれているかを嫌みにならないように語ろう。いい事ばかりではなく、私が疑問に思っている点やハマりきれない内容についても率直な意見を言おう。すると季家さんは「あなたの風水への考え方、率直な意見、素晴らしいわ。ねぇ、私のアシスタントにならない?」と言ってくるかもしれない。私は、幽竹さんのアシスタントとして、これから生きて行く事になるのだ。。。

と、ここまで妄想してハタと思った。今日は気楽にキャミソールとGパンで行こうと思っていたけど、これは風水的にどうなんだろう?幽竹さんは、私の服装から、私の性格や運まで感じ取るかもしれない。「初対面の相手に会うのにキャミソールにGパンを着る人は、明るぶってるけど、実は暗い人」なんて思われるのではないか?

そんな事を妄想していて、ハタと時計を見ると、もう家を出る時間だ。なのにまだパジャマ状態。「あ~、お母さん~、もう間に合わないから「お休みします」って電話して~。ワーン、ワーン」と子供の頃からの癖が未だに抜けず、でも電話をかけてくれる母もいないので、半泣きになりながら急いで準備をして、駅まで走っていったのに、電車を二本も逃してしまった。。。

風水セミナー本番の様子は、また今度。

|

« 薔薇の季節のローズガーデンへ | トップページ | しつけ講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61035/4234943

この記事へのトラックバック一覧です: 風水セミナーに行く:

« 薔薇の季節のローズガーデンへ | トップページ | しつけ講習会 »