« 初夏の夜の怖いハナシ | トップページ | 二足歩行な夢 »

2005/05/09

耳掻きフェスタ

ここ数週間、多いときは4本くらいあった耳掻きがなくなった。

普段は綿棒で耳掃除をしているので、耳掻きがなくなってもさほど困らないのだが、耳の奥の奥が痒くなった時はとても辛い。綿棒でも指でも届かない、耳の奥の痒いところを耳掻きでクイックイッと掻くのを想像しただけでたまらなくなる。さっさと新しいのを買えばいいのだが、部屋の隅から出てくるだろうと思うと、更に薬局で売っている"先端フワフワ綿"のヤツをお金を出して買うのがイヤなのだ。

そんなある日、超くだらない夢を見た。

夢の中での私も、耳掻きがない辛く痒い毎日を過ごしていたが、友人から、お台場だか幕張だかで「世界の耳掻きフェスタ」が開催されるという話を聞いた。夢の中の私でさえも、くだらないフェスタだなぁと思いながらも、世界中の耳掻きが見てみたい、さぞステキな耳掻きに出会えるだろうとワクワクして友人に日程を聞くと、どうしても都合が合わない。落胆した私に友人は、
「耳掻きフェスタの後に、全国のデパートで"世界の耳掻きフェア"をやるよ。フェスタより規模は小さいだろうけど、世界の厳選された耳掻きが揃うよ。」
と教えてくれた。

それだ。
ぜひ「世界の耳掻きフェア」に行こう。きっと、ロシアの耳掻きにはマトリョーシカが、エジプトの耳掻きにはスフィンクスがついているだろう。イギリスのにはスコーンかバラが、中国には肉まん、シンガポールにはマーライオン、チリや北欧のも気になる。海外の素晴らしい耳掻きをたんまりと拝見し、素晴らしい耳掻きを購入するのだ。

そう思った時に目が覚めた。

あまりにもくだらないくせに壮大な内容に、私は自分に感動した。私は、くだらない夢をよく見るほうだが、この夢は、『キムタクとラブラブ編(シリーズ連続もので見ている)』『スーパーサイア人になり手から気を出したり空を飛ぶ編(コレもシリーズモノ)』に続き殿堂入りとなるだろう。

が、夢にまで見るほどに、私の潜在意識の中は耳掻きでいっぱいだったのかと思うと、自分が可哀想になり、とうとう100均で"先端フワフワ綿"の耳掻きを購入した。
コレで思う存分、耳の奥の奥が掻けるってもんだ。

|

« 初夏の夜の怖いハナシ | トップページ | 二足歩行な夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61035/4063347

この記事へのトラックバック一覧です: 耳掻きフェスタ:

« 初夏の夜の怖いハナシ | トップページ | 二足歩行な夢 »