« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/24

プレゼント運UP↑

一昨日からプレゼントを連続して頂いている。う~ん、シ・ア・ワ・セ♪

20050924-2

あさぞうさんから、モリゾー&キッコロをプレゼントして頂いた。
愛★地球博なんか、フンフン!遠くて行けないじゃん!とイジけていたので(なんだかんだ言って一度は行ってみたかった)、アノ有名なモリゾー&キッコロが我が家にも来てくれて、ちょっとご機嫌♪

20050924-1

新しいおもちゃを貰えてご機嫌のラッキー。
ワンって、新しいおもちゃが好きだよね。

20050924-3

さらに、懸賞のモニターに当選して、ワン用手作りケーキキットが送られてきた。
「ワンに手作りオヤツを時々作ります。糖分や塩分をとらずにワンにも美味しいオヤツを作るのって大変ですよね。ワン用に簡単にオヤツが作れるキットがあるといいと思います。」
とアンケートに答えてよかった・・・・未だかつて、一度もワン用のオヤツを手作りした事ないけどさ・・・・日清さん、ウソついてスミマセン・・・

20050924-4

一昨日、派遣会社から、災害時に活躍出来るラジオ&サイレン付き懐中電灯を貰った。
しかも、ピンクと白で超ラブリ~♪

懐中電灯は、夜間散歩のうんP捜索用に。
そして、公園に散歩に行った時にラジオでも聴こうかな。
公園でラジオ聴きながら、うたた寝してる私のところに、スリがくるかもしれない。スリが散歩バッグをゴソゴソしてる時に目を覚ました私は、すかさずサイレン鳴らすのさ。サイレンで犯人がビビッたところに、サイレン聴いて騒ぎ出すラッキーの相乗効果で、更にビックリした犯人は尻餅ついて、あわや御用。実はそのスリは1000万円くらいの宝石を盗んでいた大泥棒で、盗まれた大金持ちが私にお礼にって、100万円くれるかも・・・

うーん、そうと決まると、早く公園に散歩に行かなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/20

キスをしないワケ

20050920-1

二週間くらい前から、ラッキーからのチュウを避けている。

ラッキーを少しジラしちゃえ!最近、二人のカンケイがマンネリだっからね。そうすればきっと、どんなに私を愛してるか気づくハズ。そして、前よりもっと激しいチュウをしてくれるようになるハズ。

・・・と、ラッキーに恋の駆け引きをしてるワケではない。
私は、ワンにも男子にも、いつも直球勝負!駆け引きなんか出来ない女だ。というより、恋の綱渡り状態に陥りやすい私が、そんな危ない橋を渡る余裕なんて、ない。でも、いつもこのストレートさが「うざい」と言われるのよ・・・男子にもワンにもね・・・。

そんな事はさておき、二週間位前に、私の唇が、突然いかりや長さんのようにふくれあがり、小さな水泡みたいのすら出来て、めちゃめちゃ痛くなってしまった。常に塗り薬を塗っておかないと、ヒリヒリと痛くなるので、ラッキーには唇を舐めさせないようにしている。

ラッキーは、元々、私の唇をペロペロしてくれるワンではない。チュウするのは、朝起きた時と、私の帰宅時と、眠い時くらい。その時のチュウは、ペロペロペロペロ!の素早いチュウではなく、ちょっと目がイッちゃってるゆっくりと舐める甘いあっま~いチュウだ。そんな「チュウ」だからこそ、私は、一回一回のチュウをとても大事にしている。街角で、人目もはばからず軽々しくチュッチュ・チュッチュしてるギャルとは違うのよ~!(できない女の強がり、とも言う)

しかしラッキーには、私の苦しみは分かってもらえない。
ラッキーから「おやすみのチュウだよ♪」と甘くチュウして来ても、私はそっと顔をそむける。ラッキーは驚いた顔をし、「なんだよ、照れるなよ。」とまた甘いチュウをしてくるが、さりげなく避けるしかない私。悲しそうな顔をしつつも、そばに立ちつくしているラッキー。その顔は、彼女の心変わりに気付いていながらも、気づいていないフリをして寄り添っている男子の顔だ。辛い!辛すぎる!!がしかし、ラッキーの愛を再認識出来て、ちょっと嬉しい気もする!
そうか・・・これが恋の駆け引きってヤツなのね。カ・イ・カ・ン♪

でもダメ、やっぱり早くラッキーとあっま~いチュウがしたいわ~(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/15

テリー・ライアン先生に会う

先週の土日の二日間、「家庭犬のためのしつけインストラクター養成講座」というのに行って来た。レベル12まである講座だが、レベル1~4は、一般の飼い主もどうぞ的な内容になってるらしい。
講師は、「誉めて育てる」のワンのシツケの第一人者、テリー・ライアンだ。

ちなみに私は、インストラクターになるつもりはない。「ラッキーのために、ワンのお勉強をするのぉ♪」というかわゆい飼い主の気持ちでもない。ワンがらみの本を読むのが趣味の私は、それだけじゃ物足りなくなってきたのだ。CDを聞くだけじゃモノ足りずにLIVEに行く、そんな感じ。それに、あのテリー・ライアンに生で会えるしね。

ラッキーを迎えた時に、テリー・ライアンのしつけ方法を知ってえらく感動し、その時にセミナーを知ったが、当時は受講料の高さに断念していた。その後、「そうは言っても、誉めてオヤツやって叱らず無視って、ありえなくね?」と、しばらくテリー・ライアンとはオサラバしていたのだが、あれから色んな本を読んでるうちに、「アリかもしんない」とも思えてきたので、それを確かめたい気持ちもあり受講する事にしたのだ。

テリー・ライアンのシツケ方法、詳しい講習内容については、この日記では触れませんのであしからず。ご興味ある方は、本でも読んでね。

さて、セミナー当日、受付開始は朝の9時半なので、良い席GETしたい派の私は友人と一緒に9時前には会場入り。でも早すぎたみたい。受付も開いてないし、誰もいないよ。開場の時間までコーヒーでも飲む?と、友人と会場内の喫茶店へ。

ゆっくりコーヒーを飲んで、9時32分頃に受付に行くと、すでにすごい人。
え?ウッソ~ン。なんかイヤな気がするよ・・・

会場に入ると、その広さにビックリ!そして、埋め尽くされる人・人・人にも驚愕!私は、最前列の席に座るために早く到着したのに。それなのに、コーヒー飲んでてこのザマとは、ものすごいマヌケ。

なんとか、真ん中より前の席に着席したものの、人の多さに私は魂が抜かれて行く気がした。だって私は、会議室くらいの部屋を予想していて、きっとあるであろう質問コーナーでは、英語力皆無だけど、なんとかボディーランゲージで質問しようと思っていたのだ。

 「マイ ドッ~グ オールウェ~イズ メニーメニー マウンティング~ ふぅ~。」

こう言いながら、欧米人がよくやる「やれやれ」のポーズをとればいいと思ってね。でも、この人数の前で、そんな事出来ない。っていうか、今日って通訳の人がいるから、こんな恥かき英語で話す必要もないんだけど、テリー・ライアンと生トークがしたかったのよ。

でも、考えてみれば、アメリカからくるテリー・ライアンに講師料と交通費と宿泊費を払うんだから、ある程度の受講者数は必要よね。にしてもこの人数、今日一日で、巨額の富が動いてるんじゃなくて?
受講者の人数は多くて検討もつかないけど、パッと見た感じ、中学の学年集会くらいの人数?だとしたら、250~300人くらい?ザッと計算しただけでも、受講料一人9000円 x 300人 = 270万円!会場レンタル料や、通訳の人件費、主催社・JAHAの収入をさっ引いたのがテリー・ライアンの取り分か・・・。さて、ハウ マッチ?

と、ここまで妄想したところで、テリー・ライアンが登場!
私は、LIVEで桑田さんや美和ちゃんが出てきた時くらいに、ちょっと興奮しちゃったよ。写真でしか見た事のないあのお方がここにいるなんて、ちょっと感動。さすがに「キャー テリ~!!」とは叫ばなかったけどね。

先生は、御歳60歳くらいの、品のある白髪にラフな中にもきちんと感のあるパンツスタイル、そして貫禄のある体型だった。そう・・・たぶん・・・エコノミークラスじゃ座れないような・・・。

講習会は先生御自らが作られたと思われるパワーポイントだかのプロジェクターの画像を見ながらの講習と、ワンのデモだ。このお歳でパワーポイントを作れるなんて、すごいよ!先生、若いよ!!

お昼休みを挟んだあとくらいの時、先生が受講者に「~がわかる人は手をあげて!」と言い、手をあげて答えたお兄さんに、

 「ご褒美をあげましょう」

と、あとで先生からプレゼントが貰える抽選をする権利の紙っきれを渡した。

そして、次の質問開始。私は燃えたね。だって、ご褒美貰えるんでしょ?次の質問には張り切って手をあげたさ。しかし当てられなかった。残念!!

手をあげつづけて二日目。今回の質問はちょいと難しく手をあげられなかった。私だけじゃなく、受講者全員がね。

そしたら、テリー・ライアン先生が突然英語で怒りだすじゃないか!英語だから何を言ってるかわからないけど、明らかにプンプンご立腹のご様子。恐いよ~、逃げ出したいよ~。私は、人が怒ってる雰囲気が大の苦手なのだ。親が怒ってる時は部屋に逃げてたし、先生が怒ってる時は反省した顔だけして違う事を考えてたし、上司や同僚が怒ってる時は、ススーとその場を離れて難を逃れるタイプ。そんな私に、この状況はキツイ!!

通訳によると、すぐに手をあげなかったからだと。誰も手をあげなかったからだと。そ・そんなに怒らなくてもいいじゃん。日本人は質問には慎重に答える民族なのよ。アメリカ人って短気なんじゃん?と、私の気持ちは、テリー・ライアン先生だけじゃなく、アメリカ人気質にまで及んだね。アメリカ人って恐ろしい・・・ってね。

と、その頃には、実はすっかりテリー・ライアン・マジックの手中にハマっていたのだ。
人間だって、誉められたりご褒美があると嬉しいし、頑張られる。怒られるのはイヤだ。テリー・ライアン先生は、受講者に身をもって体験させるためにこうしたと説明された。やるな、テリー・ライアン先生よ~。

二日間の講習が終わり、帰りの支度をしながら舞台を見ると、テリー・ライアン先生も帰り支度をしていた。話しかけたいなぁ、先生に。「あたしゃ、感動したよ。先生、いつまでもお元気で。」と伝えたいよ。でも私の英語力じゃ、「ハロー エーンド グッバイ アゲ~ン」と言うのが関の山なので、心の中で「バイバイ」と言って会場を後にした。

講習会はすごく良かった!
CDで聞いていただけのミュージシャンのLIVEに行って、やっぱ生は全然違う!って感動すんのと同じくらい感動した!まさしく「アンコール!アンコール!!ウェ~ブ!!!」って感じ!

どれもこれも素晴らしい内容で、脳味噌がグワングワンと興奮してる感じが実感出来た。先生に注目しすぎて、妄想するヒマすらなかったさ。若い頃に、これくらい熱心に勉強が出来ていたら、いい学校に進学し、英会話もバリバリ出来て、エリート街道まっしぐらか、玉の輿にのれて人生違ってたかもぉ。

それに、恰幅のよろしい先生に会えて、ダイエットするなんてナンセンス!女は中身で勝負だ!と思ったね。
あたしゃ、もうダイエットはやめて、これからは、好きなもんをバンバン食うぞ~!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/09

ビストロ ラキママ

(お食事前の方、食欲不振の方、ゲテ物が苦手な方はご注意下さい。)

20050910-1

夕飯を作っている時に冷蔵庫の奥底からキャベツを出したら切り口が黒く痛んでいた。痛んだところを捨てるのも惜しいので、ラッキーのふりかけ用キャベツスープを作ることにした。

ついでに、にんじん・大根も刻んでいれた。キャベツ・にんじん・大根のスープはラッキーが幼少の頃から大好きなふりかけスープだ。ラッキーも大喜びだろう。

だが、これでは動物性タンパク質が足りなかろうと、夕飯用に切っていた豚肉も少し入れてみた。
おお、なんかけっこう美味そうじゃん。

そしたらなんだかもっとドンドン入れたくなって、エノキやキュウリもいれてみた。
彩りよくてステキ~。

ふと、納豆ってワンコにいいかもぉ~と、納豆も刻んでいれてみた。
ゲゲー。臭いが強烈~。

でも、トロトロに煮込めば美味しいかもよ~、トロトロトロ~リとね~。

「トロ~リ」と言えば♪リンゴと蜂蜜トロ~リとけてる♪ってCMを思い出すのよね。
よし、リンゴも入れちゃぉ。

トロトロになったところで出来上がり♪
納豆の臭いが、シ・ゲ・キ・テ・キ。

仕上げは、すりごまときなこで味付けよ。
ワンコにいいらしいからさ。

マズそうだけど、栄養あるし、これってドッグフード代の節約になるかもぉ~。
そうよねぇ、私達の食費は削れるところまで削ってるウチは極貧ファミリーなんだもん。
ラッキーにだって節約してもらわなくっちゃっ。

そうだわ。
ラッキーが食べずに残っていたワンコ用パスタも入れれば、更にフード代も節約じゃない?!

20050910-2色んな物をドンドン入れて、ぐるぐるかき回したら・・・・
恐ろしい料理が、ジップロックの大きいヤツに二つ分も出来た。

翌日、ジップロックを開けてみると、スープの全ての水分を吸ったパスタと、水分を吸われた食材達がジップロックの中で息も絶え絶えになっていた・・・。(最終段階の画像は衛生上控えさせて頂きます)

それにも関わらず、ジップロックを開けた時のラッキーの反応がすこぶるヨシ!
ドライフードの量をいつもの半分に減らし、みそ汁ぶっかけご飯のごとくスープをぶっかけてあげてみると、ものすごい勢いで食いつき一気に食べ終わり、さらにいつまでも周りに落ちてないか確認をし、「母ちゃん!おかわり!」とせがむ始末。

ワンコは臭い食べ物が好きで味音痴って噂は、ホントかもしんない。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/09/08

ラキママの苦難

20050908-1

(お食事中にふさわしくない表現が含まれております。ご注意下さい。)

体調不良(仮病ではない)で会社を二日も休んでしまった。
派遣社員で時給で給料貰ってるこの身、二日も会社を休むとかなり手痛い!来月のローンの支払いどうするんじゃ~。全てを忘れるために寝てしまおう。だいぶ身体もよくなってるけど、ここは寝てしまおう。そして夢の国の住人になろう。イッツジーの夢でも見よう。

布団を被って寝逃げしてる私の顔面にラッキー様は猫パンチを応酬したり、電車の狭い隙間にズリズリ入ってくるオバサマの様にドシンと私に寄っかかったりと、それはヒドイ仕打ちをおみまいしてきた。

無視すると今度は、
「ク~ン、ク~ン。おいらはこの世一の不幸犬だ~。
誰か聞いてくれ~。
おいらはもう何年も散歩に連れていってもらえてないんだ~。
動物虐待だ~。」

と、それはそれは哀れな鼻声で「おいらは不幸犬アピール攻撃」をされる。

台風でここ何日も散歩に行ってないもんなぁ。ラッキーは、こう見えてもアクティブ運動犬シェルティのはしくれだもんねぇ。走りたいよねぇ。でも母ちゃん、身も心もボロボロで眉毛すら書く気力がないよ。せめて暗くなるまで待って・・・

と、夜も更けご近所さんにもワン仲間にも誰にも会わない時間に、すぐに帰るつもりなので、うんP袋もティッシュも少な目に持ち、髪の毛を後ろでしばってスッピン&全身ユニクロ(しかもメンズの七分丈シャカシャカパンツ)の気の抜けた格好で散歩に繰り出した。この格好の時に、どうか大災害が起きませんように、交通事故にも遭いませんようにと願ってやまない。

だがこういう時に限って出会ってしまうのだ、ご近所ワン仲間に。
「あ、ウチ、これからなんですよ~。じゃ~。」と言い訳になってない言い訳を放ち逃げるように去ると、道路の向こうにワン仲間を発見。気が付いてませんよ、何も見えませんよと、さりげなく、しかしハッキリと方向転換する。く・・・暗いわ。深い海の底より暗いわ。

ご近所の目をあからさまに避け、商店街をうつむきがちに通り抜けようとした時、ラッキー様はいきなりうんPスタイルへ突入された。ラッキー様は、リードの長さ限界ギリギリの半径1mに渡りいくつも歩きうんPをされるので、すぐに拾いにかかると、次のうんP着地ポイントを見逃してしまう。ラッキー様がうんPを出し切るまで見守るしかないのだ。そこがたとえ商店街の出口であっても。

どうか誰にも会いませんように、もしくは気がつきませんようにと、商店街の風景に溶け込むように、声も出さず気も出さず立ちつくしたのち、出し切られたご様子のラッキー様をお座りさせてうんP回収作業にあたる。この時にラッキー様をお座りさせておかないと、私の周りをグルグルと周ってリードを私の身体に巻き付けるのだ。その様は、魔人ブーにグルグル巻きにされたベジータのごとく苦しい状況である。良い子アピールのためにお座りさせておくのではない、というところが情けない。

全てのうんP回収作業も無事に終わり、「行くよ」と言いながらリードを引くと・・・ラッキー様がおられるハズのところには、主人を失ったハーフチョークカラーが風に吹かれて揺れていた。

ひぇ~!ラッキー様ぁぁぁ~~!!い~ず~こ~へぇぇぇ~~~!!!

あたりを見渡すと、どこぞのワンが作ったオシッコ水たまりをテイスティング中で目がうつろになったラッキー様のお姿を発見。良かった・・・ラッキーがアクティブじゃないタイプのシェルティで。

そうなのだ。ラッキー様は、決して抜けないハズのハーフチョークでも、今までも何度も首輪抜けなさったのだ。明日からはまた全チョークに戻すか・・・とぼんやり考えながら歩いていると、またもやうんPスタイル。とほほ~。今日はもうティッシュもビニール袋もないニョロよ~。すぐに帰るつもりだったから、ちょっとしか持ってきてないニョロよ~。

仕方がないので、うんPが入ったビニール袋を息を止めて開け、既にうんPがくるまれているティッシュを取り出し、余った部分でうんPを掴もうと努力したのに・・・ワタシ、頑張ったのに・・・・どうして?どうしてなの??親指がうんPの中に埋もれてしまったよ・・・・。誰か助けてプリーズ・・・。

家が近くなった頃、それまでリード引っ張りまくり、藤原拓海ばりのドリフト走りで街をカッ飛んでられたラッキー様が、哀れな飼い主に「おいら世界一幸せ~♪」と笑顔を向けられた。

ラッキーよ、どうか、その気持ちをいつまでも覚えていて。
そして、明日こそは「おいらは不幸犬アピール攻撃」はしないで欲しいニャッ!
とかわいく願いを込めて、このDIARYを書き上げたが・・・時すでに夕方の16時。
そろそろラッキー様の「不幸犬アピールタイム」だわ。
ファン ファン ファン ファン ファ~ン(←力の抜けてゆく音)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »