« 聖地巡礼 | トップページ | お母さんは心配性(パクリタイトル) »

2006/01/27

気が小さい話

20060127-1

毎日寒いですが、お元気でお過ごしですか?
更新もままならない弊blog。
にも関わらず、毎日多くの方にご来訪頂いている様で感謝感激に加え、大変恐縮しております。
更新したいのですが、極寒なんですよ、このパソコン部屋がっ!!
キキの悪いエアコン設定温度を30度にしても、手がかじかむんですよっ!!
まだ左手は、お尻の下とか股の間に挟んで、なんとか寒さをしのいでるんですが、右手はマウスを使うからお尻の下に入れられないじゃないですか。10分もマウスを握ると、手がしびれてくるんです。
手袋した手でネットしたりもしました。
でもそうすると、
 「そこまでしてネットって、やる価値あるの?」
と冷ややかに見るもう一人の自分の声が聞こえます。
で、しばらくネット落ちしてしまうんです。
寒さのため頭がおかしくなってきたのか、そのうち、
 「こんなしょうもないblogに来て下さる方がいるのに、この薄情者!」
 「更新のないblogなんて、いっそ閉じちまえ!」
 「そうだ、そうだ!とーじーろ!とーじーろ!」
 「あら更新しないくらいいじゃない。ゆっくり休んでいいのよ♪」
 「そうよ、落ち込んでる君なんて、君らしく、な・い・ぞ♪」

と、悪魔や天使な自分が戦って、一体ワタシはどうすれば?って感じになるんです。
ええ、病気です。
重度の妄想病に加え、気の小ささも半端じゃありません。
長い前置きでした。

さて本題。
先日、私の気の小ささ炸裂の事件が起きた。
メガネのフレームの緩みを直しに、一年前に購入したメガネ屋に立ち寄った。
いつもなら、ものの数分で緩んだフレームを直してくれる。
ところが、この日は、けっこう待ったのに、なかなか終わらない。
だいぶ待った後、悲痛な表情の店員が声をかけてきた。

ただひたすら恐縮し、メガネの奥の目が子羊のように震えている店員(男)。
フレームを直している時に、私にはわからない程度の歪みを作ってしまったらしい。
そしてなんと、無償で新しいメガネに交換してくれると言うではないか!
”同じ金額の”という条件付きだが、視力が0.05とかそんなんしかないので、激安メガネ屋の中ではフレームは高目、レンズはオプション料金だ。それも全て無料で良いとおっしゃる。

こういう時に、私の変に気を遣う気の小ささが出てしまう。
 「いいんですか?スミマセン。」
と何故か小声で店員に謝り、フレームを選んでいる最中も、
 『ゆっくり選んでいたら、私が激怒してると思われてしまう。あの店員のためにも早く決めなくては。』
と勝手に店員に一人同情して焦ってしまうのだ。

だが、折角のチャンスなので、手が震えながら慌てて色んなフレームを試した。

ちょっとアートな感じのフレームをかけては『こりゃ、南海の山ちゃんだな。』と一人で失笑。イケてる女風のメガネをかけりゃ『光浦にクリソツ』と嘆き、黄色系フレームをかければ『笑瓶ちゃんかよ』と一人ボケツッコミをしながら、こんな状況の中、芸人の名前オンパレードな自分の脳味噌を呪うワケだ。

急に我にかえり、
 「あの店員さんもこの店員さんも、私が芸人に似ている事に気が付くかも。
 タダのメガネにいつまで悩んでるのよって思うかも。
 あぁ、もう私を見ないで・・・」

ともういてもたってもいられなくなり、結局、前のフレームと激似のフレームを手にとり、
 「あ、あの、なんかフレーム直してもらったら歪んだとかで、タダにしてくれるとかで・・・」
と、まるで犯罪者のごとく怪しくアタフタし、近くにいたメガネ店員(女・メガネ屋の店員は全員メガネだ)に差し出した。

この店員も、またもや非常に申し訳なさそうな顔をして、
 「大変申し訳ありませんでした。コチラは私がお運びします。」
とタダのフレームをまるで宝石のように扱い、ビロードの台に丁寧に乗せて、私をエレベーターに乗せるとエレベーターが閉まるまで店員は会釈したままお見送りした。

地階の調整ルームに着くと、先ほどの店員(女)とフレームを直してくれた店員(子羊)がなんと二人でお出迎えしているではないか。店員(女)、私がエレベーターでボ~ッとしている間、3階から地階までダッシュで駆け降りたに違いない。
まるで社長待遇だ。

あぁ、もうごめんなさい、許して下さい。
そんな事までしないで下さい。
私は人に謝る事はあっても、謝られる事なんてないのぉ~。
謝られ慣れてないのぉ~。
こういう時、どうしていいかわかんないのぉ~~。

15分後、新品メガネが出来上がり、メガネを渡しながら再度お詫びを重ねる店員(子羊)に、
 「いえいえ、そんな。ホント、かえってスミマセンでした。」
と頭を下げる私。
「本当に申し訳ありませんでした。」「こちらこそ新しいメガネ頂いちゃってスミマセン。」「いえいえ・・・」永遠に往復される詫びのジャブ。
あぁ、これぞ日本人。THE 日本人。

突然のハプニングで帰宅時間が遅くなった私を出迎えたのは、THE 欧米人のラッキー様。
 「母ちゃん、めっちゃ遅かったじゃんかー。
 暗くなるしよー、腹は減るしよー、膀胱はパンパンだしよー、
 おいら、気が遠くなるかと思ったぜー。」

とものすごいジェスチャーで飛びつきチューをしながら、
 「さーんぽ!さーんぽ!」
と家中駆け回りながら要求される。
散歩に行って帰ってきたら、
 「風呂!飯!寝る!」
と今度は、亭主関白九州男児に変身だ。

あぁ、ラッキーのようなハッキリした性格に私もなりたい。

|

« 聖地巡礼 | トップページ | お母さんは心配性(パクリタイトル) »

コメント

シャチョーサン、メガネ、ステキネ
↑こんな店員さんだったら大ブーイング(爆)

☆眼球にコンタクトレンズが張り付いちゃった友人を見て
コンタクト=痛い、結果、メガネ愛用
☆ピアスをしている友人の腫れあがった耳たぶを見て
ピアス=痛い、結果、ピアス無し
☆ファンデーションでかぶれた友人の肌を見て
化粧=かゆい、結果、スッピン(でもマユゲは必須)

以上、私の乗り越えられない壁でした。
(上に出てきた『友人』はすべて同一人物)

投稿: チャブスママ | 2006/01/27 14:32

ラッキーママさん、私はめがねやさんのあの「お運びします」的な高級感にとっても疲れます(育ちが(中略)なもので)
あの、メガネの調整というやつもゆったりと時間がかかり(ため息) ちょっと直してはかけ直してはかけを延々と繰り返す時「そんなにいじって強度に問題は起こらないのか」とか色々心配してしまいます。

チャブスママさん、ピアスはたしかに腫れるとけっこう痛いです。
私は過去5個穴を開けましたがお手入れ(消毒)を怠って3個腐りました。

投稿: ろここ | 2006/01/27 18:41

すっごい低いお腰ですね。
ラッキーママさんは優しいですね。
Sなこすけは、そんな事になってもへっちゃらで動き回りそうですよ。
「自分がS」という暗示をかけて、
ちょっと態度をでかく攻撃的に生活してみると、
人生がちょっと変わりますよ☆
頑張ってくださいね!!
欧米人ラッキーちゃまの姿もお手本に、
強くなってください☆

投稿: こすけ | 2006/01/27 21:59

★チャブスママさん★
よくぞお分かり頂けました!
そうなんですよ~、
アノ時の私は、オフィスの社長ではなく、
チーママに見送りされながらスナックから出る自称社長。
スナック(メガネ屋)を後にする時、私の心に「忘れていいの」がかかりましたよ。
(小川智子パートが余裕で唄える自分がコワイ)

☆コンタクト=高い(使い捨てなので)から外出時のみ、結果、地元ではメガネ愛用
☆ピアス=穴あけたもののピアスする事すら面倒になった、結果、穴がふさがった
☆化粧=面倒、結果、スッピン(でもマユゲは必須)

あ、チャブスママさんと、結果、同じですネ♪

投稿: ラッキーママ | 2006/01/27 23:01

★ろここさん★
子羊メガネ君は、「そんなにいじって強度に問題は起こらないのか」を「起こった」と実証されました。
私も、メガネ屋が魚屋のように威勢良く気楽にさばいて(フレーム直しを)してくれるなら、
一年に一回ではなくもっと頻繁に訪れます~。

私は過去二つピアスを開けましたが、「消毒するほうがかえって腐る」という俗説を信じ、
全く消毒しない強者でしたが(腐りませんでしたよ)、
グイーンとピアスが何かに引っかかって耳がちぎれたらどうしようと心配になり、
小さいピアスしか入れられない小心者でした。

投稿: ラッキーママ | 2006/01/27 23:06

★こすけさん★
ワタシ、気が小さいドSなんです。
自分が攻めるのは強いんです~
がしかし、攻められるのに(今回は詫び攻め)弱いんです~
また、攻められてる時の自分の気の小ささが案外好きだったりするドMでもあるんです~(笑)
こすけさんも、腰低で相手の攻撃をマトリックスのごとく交わしてみると、
人生がちょっとわりますよ☆
頑張って、ドMになってみませんか?(爆)

ちなみに、ラッキーも自分からの(エロ)攻めには強いけど、
女の子に(エロ)攻められると困った顔になる小心男です。

投稿: ラッキーママ | 2006/01/27 23:12

わたしってば一番大事なことをカキコミ忘れてましたわ~。

>「こんなしょうもないblogに来て下さる方がいるのに、この薄情者!」
>「更新のないblogなんて、いっそ閉じちまえ!」
>「そうだ、そうだ!とーじーろ!とーじーろ!」
 ↑こんな事をいってるラキママデビルには、わたしが元彌チョップをしてさしあげます。

そうそう。これが言いたかったんですの。
わたしってばダメな、オ・ン・ナ☆

♪ま~つ~わ いつまでも ま~つ~わ
  たとえ あなたぁのブログが 更新されなくてもぉ~♪

投稿: チャブスママ | 2006/01/28 18:44

★チャブスママさん★
ラキママデビル。
デビルマンに登場する女ヒーローみたいですね!
立ち向かうのが元彌とは、なんともまぁ弱僧の戦いっ。

宿題、受験勉強、バイト、出勤、そしてBlog。
私の人生のいつの時代にも、
「休んじゃえ!ダラダラしちゃえ!」
とつぶやいていたあの優しい声こそ、ラキママデビルなのでしょう。

優しい言葉をかけながら"あみん"してるちょっとダメなオ・ン・ナ☆
そういう女性に男は墜ちてゆくものなのよぉ~~
そして私の様な女もぉ~~~っ!
ジュテ~~~~ッムッ!

投稿: ラッキーママ | 2006/01/28 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61035/8353767

この記事へのトラックバック一覧です: 気が小さい話:

» 眼鏡屋騒動 [Life With Laughing Dogs]
久々にPCを開きラキママさんの面白すぎる眼鏡屋小話を読んだとき、私の脳裏に一昨年の年末の眼鏡屋騒動がフラッシュバックした。 私は裸眼0.01位のド近眼。小4からメガネとは深い縁で結ばれている。 にもかかわらず、眼鏡屋さんがかなり苦手だ。とにかく気疲れするの...... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 02:26

« 聖地巡礼 | トップページ | お母さんは心配性(パクリタイトル) »