« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/24

花は桜木、男はラッキ

ラッキーをご存知でおられる方にも、
「ラッキーは強い」
という事はあまり知られていないだろう。
実はラッキーは、非常に男気のある男なのだ。

夕べの散歩での事。
公園で柴犬(オス・1歳半)とお父さん飼い主と出会った。
柴くんとラッキーは一定の距離を保ち、
目からは強気光線がバンバンに出ていた。
立ち去ろうとしたのだが、
 「この子はね、
  自分からは決して手は出さないし、
  吠えないんですよ。
  大丈夫ですから、公園で一緒に遊びませんか?」

とおっしゃてきた。

外見軟弱そうで女っぽいシェルティを連れていると、
 「大丈夫よ~、怖くないわよ~」
と声をかけられる事が多い。

違うのだ。
最終的に怖がるのはアナタの犬の方なのだ。
そしてストレスがたまってしまうのも、
アナタの犬の方なのだ。
それほど、ラッキーは犬にとって威圧的な男なのだ。
だから散歩中、私は犬連れの人を避けて歩いておるのだ。
それが、街の平和のためなのだ。

しかし夕べのお父さん飼い主は、
いざとなったら犬の間に割って入る覚悟もありそうだったので、
賭けてみる事にした。

余談だが、私は外で犬同士を遊ばせる時は、
男女問わず、
 「男気がある飼い主さんか」
をチェックポイントとしている。
いざという時には、噛まれても指の一本を失ってでも、
犬達を止める覚悟がありそうな方。
そして私も、どういうワケか、
そういう風貌の方から声をかけられる事が多い。
私も「男気のある飼い主」に見られているようだ。
全くオシャレじゃない偽体育会系の外見から、
「プチ訓練士系のハードな飼い主」と見られているようなのだ。

違うのぉぉ~~~!
ホントはトイプー連れてる飼い主さんみたく、
オシャレにお散歩したいのぉ~~
散歩行くだけだからって~、どうせ汚れるからって~、
こんなカッコしてるだけなのぉ~~
ホントは呼び戻しも無視される、
引っ張られて手の骨が砕けそうになって半泣きな、
ヘタレな飼い主なのぉぉぉぉ~~~(´Д`;)


さて、両者見合いのポーズに入ると、
柴くんは軽く唸りはじめ、
ラッキーはアゴをあげてガン見だ。
この二人に吹き出しをつけると、
 柴くん 「チャラチャラとした洋犬のくせに、イキがるなっちゅーの!」
 ラッキー「生意気な若いのが入ってきたのぉ。今のうちにシメにゃイカンのぉ。」
こんな感じだ。

ついに柴くんの手がラッキーの背中にかかる。
マズイ!!
 「ギャウォ~ン!」
とラッキーが牙をむいて一喝し、
その場をたった一吠えで納めてしまった。

とっさにお父さん飼い主は、
柴くんを少し離れた場所に連れて行き、
ドスの効いた声で「お座り」と命じた。
  「と・父ちゃん、
  
コ、コイツの前でだけはお座りしたくないよ~」
と柴くんは目で訴えるが、
無理矢理に座らされてしまった。
柴くんの顔に、
「屈辱的」という文字が浮かんでいた。

こちらも座るのがワン仲間としての礼儀だろうと、
ラッキーにも「お座り」と言った。
場の空気を全く読まないラッキーは、超笑顔で、
 「オヤツ?
 ここで座ってオヤツ食っちゃう?
 オヤツタイムにしちゃう?」

と大はしゃぎで座って、
ついでにフセまでしてくれちゃってる。

お気の毒なのは、柴くんの飼い主さんだ。
「いい子ですね。
ウチのは、こんな事をしたのは初めてなんです。」

と肩を落として帰っていった。

スマン、柴くんのお父さんよ。
違うんですよ、おやっさん。
ラッキーは、どんなに穏やかな犬をも怒らせる
男気オーラを持っておるのです!
無言で相手ワンを挑発しとるのです!
相手を意図的に怒らせた上、
  「この街で仕切ってるのは、このワシじゃ~~っ!」
と一喝してシメるのが、ヤツのやり方なのです!
そしてオヤツさえあれば、
プライドを簡単に捨てられる軽薄な男でもあるのですぅ~~~!!

ラッキーと散歩をしていると、
こういう事が日常的に起きる。
相手ワンを思いっきり翻弄しておいて、
相手ワンに一方的にストレスを与えておいて、
自分ばっかり美味しいどころしておいて、
現場で「オヤツ♪オヤツ♪キャー♪♪」とはしゃぐ。
やってる本人、ノーストレス。
そんな性格に、私もなりたい。

そういえば、子犬の頃から大好きだった「今日のワンコ」。
ラッキーは、最近、見向きもしなくなりました。
 「ケッ!女、子どもの見るもんにゃ、興味ねーぜ」
といった感じです。
今、ハマッてるのが、
アニマルプラネットの軍用犬訓練特集。
ヒ~ヒ~鼻鳴らしながら、
過酷な訓練の様子を見入ってます。
テレビの世界にも男気を求めているラッキー。
渋いっす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/17

左回りのダンディー

ラッキーは嬉しくなると、
左回りにクルクルクル~と回ります。
「回れ」の芸も左回りしか出来ません。
「右回り」も教えようとしてるのですが、
回ってる最中に何がなんだかわからなくなっちゃって、
テンション下がっちゃう↓
という顔をされてしまいます。

先日の散歩時。
曲がり角はいつも私が主導権をとるのですが、
ラッキーに、
「好きな方に行っていいよ」
と言ってみました。
するとラッキーは、
全ての曲がり角を左に折れるではないですか。

ラッキーは、
根っからの左回りの男だったのですね。

そう言えば私も、
スーパーの買い物は、
右のドアから入って左回りに見てまわって、
左のドアから出る方が好きですね。
左から入って時計回りだと、
なんかシックリこない。
私も、左回りの女だったようです。

そう言えば、水族館のまぐろ!
彼らも左回りにグルグル回ってたかも!

あ…。
陸上も競馬も、みんな左回りじゃね?(←若者風に)
地球上に生きる生物って、
みんな左回りなんじゃね?
これって、すごい発見かも!!
私って、天才なのかも~~~!

さらにそう言えば、TDLで働いていた友人の話。
人はみな、TDLの入口を入ると、
右に折れて(スペース・マウンテンの方から)、
左回りにアトラクションを回るそうです。
なので、TDLに行きましたなら、
右回りで(カリブの海賊の方から)、
アトラクションを制覇して行くと、
効率よくアトラクションに乗れるそうですよ。

うわぁ~、タメになるわぁ~、このブログ~♪キャハ☆彡

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/01/03

謹賀新年2007!

2007_1

あけましておめでとうございます♪

2006年も、ネットでお知り合いになったみなさま、
生でもご親密にして下さったみなさま、
たくさんの愛を~!!
ありがとうございました<(_ _)>

この年になりますと、
みなさまの愛や優しさが身にしみまして、
もう感謝しかないですわ、な状態です。

そういえば、紅白のドリカムに号泣しました。
愛だの諦めないだのの言葉を聞いただけで涙が出るなんて、
そんなところに「年齢」を感じた2006年暮れでした。

そして、今、夜8時。
お昼のおしるこ(餅三つ)が、まだ胸焼けしております。
数年前まで、餅五つはイケたのに。
こんなところにも「年齢」を感じる2007年、私の正月。

昨年はサイトほったらかし状態でしたが、
細く長く、ちょっと愛して、長~く愛して♪
で頑張ってゆく所存です。

最後に今年の目標。
年始に目標告げると叶うらしいし。
 
 
 

懸賞でデジイチGET!


ついでに。
 
 
 

懸賞でプラズマ37インチテレビGET!

 
ついでに。
 
今年は「チュートリアル」「チャド」「ハリセンボン」「今田耕司」に注目します。
 
 
 
今年もみなさまにとって、
素晴らしい一年になりますように♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »