« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/28

犬本レビュー『コーギーと暮らすための101のコツ』

やはりこの本も前回同様、
一週間前に読み終わったばかりなのに、
すでにあまり覚えてません。

記憶よ、カムバック!
って事で、とりあえず記録だけ。

****************************************************
コーギーと暮らすための101のコツ

著者: 矢崎潤
発行年月: 2004年06月

【目次】
★子犬★

001  犬ってどんな動物?
002  犬の行動欲求を理解する
003  牛を追う牧畜犬として改良
004  毛色は4種+1色
005  ペンブロークのシッポのないお尻
006  長毛のコーギーって知っている?
007  カーディガンってどんな犬?
008  コーギーはどんな性格?
009  子犬とはどこで会えるか?
010  実際に飼う前に想像してみよう

011  犬と関連する法律のことを知る
012  最初にそろえるグッズ
013  子犬を飼う環境を整えて
014  子犬を迎える当日
015  子犬が興奮を発散させる"犬っぱしり"
016  失敗させないトイレの教え方
017  十分に遊ばせて、夜鳴き対策
018  子犬が成長するまで
019  親犬は兄弟犬からさまざまなことを学ぶ
020  子犬は遊び好き。十分に相手を

021  オモチャの正しい遊び方は飼い主が教える
022  犬の言葉はカラダの動きや表情に出る
023  シッポは犬の気持ちそのもの
024  カーミング・シグナルを知ろう
025  甘噛みはオモチャでコントロール
026  育犬ノイローゼにかからないために
027  法律で義務づけられているワクチン
028  犬の戸籍のような蓄犬登録と血統書
029  怖い伝染病から命を守る混合ワクチン
030  フィラリアは飼い主が防げる病気

031  子犬を守るトライアングル・サポート
032  社会性のある犬とは?
033  最初に教えることは?
034  使いやすい首輪とリード
035  ごほうび持参で抱っこ散歩しよう
036  いよいよ初めての散歩
037  近所の飼い主から情報をゲット
038  子犬をどこで飼おうか?
039  しつけ教室はまず見学してみて
040  いい体験の場、パピー・パーティ
041  インターホンの音に慣らす

★しつけ★
042  しつけって何?
043  飼い主を意識したくなる練習を
044  スワレは犬の興奮度もコントロール
045  マテを覚えさせて犬の安全を確保
046  コイができれば犬を制御しやすい
047  今度こそコイを完璧に
048  犬がリラックスできれば伏せる
049  犬が落ち着ける場所、"ハウス"
050  留守番のできる犬に

051  足元でリラックスすることを教える
052  「無視」という言葉と意味を教えよう
053  いっぱい遊んで関係作りを
054  サッカー・ボールを追わせて走らせよう
055  モッテコイで思い切り走らせる
056  やってはいけない叱り方
057  噛みつきグセがある犬は
058  要求吠えに応えないために
059  怯える犬の慣らし方

★散歩★
060  散歩は気ままに。でも引っ張らせない
061  どのくらい歩かせるべき?
062  ウンチを拾うのは飼い主の役目
063  散歩中の水の飲ませ方
064  時には植物が危険なものに

★健康★
065  カラダの名称
066  毎日の触れ合いが健康のカギ
067  ウンチとオシッコで体調確認
068  いつ、何を吐いたかチェック
069  食べないのはわがまま? 病気?
070  皮膚は被毛をかき分けて直接見る

071  歯磨きの習慣で歯周病予防
072  股関節形成不全って何?
073  股関節形成不全をチェック
074  椎間板ヘルニアって何?
075  爪切りと耳掃除は定期的に
076  短毛種のシャンプーとブラッシング
077  アロマ・オイルを使ってマッサージする

★食事★
078  犬が必要とする栄養素
079  ドッグ・フードと手作りご飯
080  食べるのが大好きな犬に、快適な食を

081  食事は健康に影響する
082  ドッグ・フードは冷暗所に保存を
083  ネギとチョコレートは中毒を起こす
084  オヤツも一日のカロリーに入れて計算
085  サプリメントはよく考えて利用を
086  脂肪のつき具合で肥満チェック
087  太りすぎると病気の温床に
088  食事を見直して減量作戦
089  飼い主自身がもっと運動して
090  ダイエットのオキテ

★老犬★
091  より頑固で甘えん坊になる老犬
092  白髪は長寿の勲章
093  老犬とつき合うための七つの方法
094  それは病気? 老化?
095  犬の状態をよく観察して
096  こんなことがあれば痴呆かも
097  いつまでも若々しくいるために

★その他★
098  室内にたまる抜け毛のケア
099  抜け毛掃除をして車内のにおい対策
100  愛犬との旅の基本マナー
101  「いざ」というときの犬用グッズ 
****************************************************

以上、
101項目を入力したって事で、
ユルシテ。
私、けっこうおマメさん。


ラッキーを迎えたのが2001年。
その頃のシツケ本って、
生活というより訓練って感じだったと記憶してます。
そしてとにかく、
「飼い主がリーダーになれ」みたいな。

この本は2004年出版。
たった数年で、
内容が違って感じられます。

より生活に密着してるし、
家族として接しながらも、
人と犬の違いはわかっておきましょう、
みたいな内容に変わってるなぁと思いました。
文章も歯切れ良くて、
すごく読みやすかった♪

でも、
コーギーだからこうしましょうというのが、
少なかったのが残念。

牧畜犬は、
とにかくいっぱい運動が必要だよ。
人間が太刀打ちできないくらいにね。
ゲームや遊びもいっぱいしてね。
みたいなのも書かれてました。
シェルティにも同じ事が言えそうですネ。

散歩は、目がトロンとなるまで。
運動は、横舌出して肩でハァハァ息するまで。
コレを毎日ですって。
けっこう、大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/19

犬本レビュー『犬に精神科医は必要か』

記録によりますと(←左の「最近読んだ本」メモ)、
この本は、
つい二週間前に読み終わったばかりです。
・・・・なのに、ほとんど覚えていない(T∇T)
なんか、漢字と言葉が難しかった・・・それだけ覚えてる。

たぶん、
「HEROS」に出てくるハイチ人の仕業です。
って事は、
私も特殊能力があるハズ。
ですので、
HEROSオフィシャルサイト」で、
私の潜在能力をチェックしてみました。

>> 潜在能力診断テスト

私は「ネイサン・ペトレリ」らしいです。
最近、いい人キャラになってきたので、
まぁユルス。

って事で、
目次ぐらいしかお伝えできませんが、
私の記憶が戻った時に役立つかもしれませんので、
書き留めておきます。

****************************************************
犬に精神科医は必要か

著者: ピーター・ネヴィル
出版社: 講談社
発行年月: 1997年02月

【目次】
 1章 犬、猫、そして人間
 2章 家畜化―犬と人間の関係の進化
 3章 学習と発達
 4章 犬に精神科医は必要か?
 5章 神経質、恐怖症、不安をめぐる問題
 6章 犬の攻撃行動
 7章 セッ●ス
 8章 食べ物と行動
 9章 室内での排尿・排便トラブル
10章 鳴き声の問題
11章 犬にみられる奇妙な行動
****************************************************

イギリスの動物心理学者(カウンセラー)が行っている、
行動療法の実例紹介です。

ザックリしか覚えてませんが、
とにかく全て、
少ない刺激(犬が吠えずにいられるなど)から、
ちょっとづつ刺激を増やして行って慣らす、
って感じでした。

カウンセラーさんによりますと、
「なんでこんなになるまで、ほっといたの?」
って事が多いらしいです。

カウンセラーさんは、
人間の心理にももちろん詳しいですから、
それを心理学的に説明してました。

人がそれを「問題」ととらえるようになるのは、
その「問題」が、
その人の「我慢の限界」を超えた時だそうです。
我慢出来てたから、ほっておいた、
というのが人間の心理ですって。

そして、
どこまで問題を解決するか、
飼い主さんの感じ方しだい。
問題が「我慢の限界」より下がれば、
解決したと感じるから。

で、
思いました。
コレって私の歯の治療に似てるなぁ、
と。

私なんて、
歯医者に行くたびに、
「もっと早くくればすぐ治ったのに」って言われるもんなぁ。

とりあえず鎮痛剤で治して、
それでもダメならツボ押しして、
暖めたり冷やしたりもして。
痛くて何も手がつかなくなってから、
やっと歯医者に行く。

でも、とりあえず痛くなくなったら、
途中でやめちゃう。
イカンよなぁ。

歯の治療の仕方と、
ワンコの問題解決の仕方も、
ちょっとづつ、ちょっとづつ。
ちっちゃな事からコツコツと、
ですなぁ。
虫歯も問題行動も。


それにしても、
この本が日本で発売されたのが10年前。
イギリスではもっと前?
10年前の日本の犬に対する認識って、
どんな感じだったんでしょう?
今の日本は、
イギリスの10年前に追いついてるんでしょうか?

ちょっと前までの私の犬に対する常識って、
問題行動は叱って直す、だったもんなぁ。
犬が何故そうするのか?
犬の心理や行動学ではどうよ?
なんて考えてなかった。
とにかく強気に叱れ、みたいな。
あん時のラッキーに、
土下座して誤りたいよ。。。


全く関係ありませんが、
前回の犬本レビューをアップした後の、
エロトラバ数がハンパなかった・・・・
今回も何か引っかかるかもな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/14

初登場で第一位なオヤツ

自家製ワンコおやきを作ってみました。

Cap2848h

見た目が汚いのはユルシテ。
だって料理が超苦手なんだもん。

時々作るんですよ。
肉や魚や野菜を適当に煮込んだ手作り食を。
要は、
カレー・シチューの味ナシってヤツです。
体によさげでしょ?

同じような手作り食仲間のご近所さんが、
同じ材料でオヤツが作れないかと工夫されたのが、
小麦粉&卵を加えて、
フライパンで焼いた「おやき」。

材料がご飯と一緒だから、
栄養とかカロリーとかの心配もなくて、
超GOOD♪
「オーブン」じゃなくて「フライパン」ってところも、
カンタンで超GOOD♪

こりゃいいと私も作ったら
海鮮チヂミの風味がして、
ソースつけたら私もフツーにイケそうです。
ちなみに「海鮮」を思わせる食材はワカメだけ。
私の味覚って一体・・・。

ラッキーにあげたら、
めちゃめちゃ喜んでくれまして。
いつもは、
フードを前にしても写真撮らせてくれるのに、
狂っちゃって止まってくれない。

Ca1n5w9i

何枚シャッター押してもブレ写真です。


ご飯と同じ中身なのに、
なんでこんなに狂うんでしょ?

考えてみましたら、
家で食べる豚汁もいいけど、
外で食べる豚汁って数倍美味しく感じる。
そんな感じ?

もしくは、
芋やカボチャのデザート食べると、
あの和っぽい野菜がこんな洋風おしゃれスイーツに♪
って感動しちゃう感じ?


今、
どんなオヤツよりも効き目アリです。
ランキング上位をキープしてた、
臭いジャーキーやチーズを抜かして、
リンゴと肩を並べて堂々第一位。

ちなみに、
ランキングの目安にしてますのは、

1. ピーピー鼻を鳴らしてウルサイ
2. あげる時に私の指に噛み付いてイタイ
3. コマンド出すたびにワンワン返事してウルサイ


悪いとこばっかじゃん?
イヤイヤ、
コレが大きい。

4. 女の子のナンパ<おやき

ナンパ師ラッキーと暮らしてる者にとりまして、
ウルササもイタサも我慢出来る大きな報酬であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »