夢日記

2008/01/10

2008年の初夢

毎年読んでる風水本(李家幽竹の開運風水 2008)に、
2008年は「夢日記」が幸運体質になれると
書かれていました。

しかも、
非現実的で壮大な夢であるほど
GOODらしいです。
やっと私の時代が来たか!
って感じです。


ところで、
今年の私の初夢ですが、
夢の中で私は、
観光バスに乗っていました。
友人知人同士で貸切にして、
どっかに行く途中みたいな感じでした。

私は嬉しくて嬉しくて、
目の前にいたチュート徳井君の両手を取り、

♪ヤ~ッ ホ~ ホットランランラン
♪ヤッホッ ホ~トランランラン

と歌いながら、
両腕を上げ下げして喜びを表現しました。
自分で自分の顔が見れなかったですが、
たぶん、
ちびまる子の山田みたいな顔で笑ってました。

徳井君は、
ハハ・ハハハハハと、
乾いて困った笑いを浮かべてました。


この夢が、
非現実的で壮大で、
幸運体質を作るのかどうか、
大変疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

初夢

20060110-1

今年こそ「初夢」を覚えていようと思ったのに、二度寝したらすっかり忘れてしまいガッカリしてたら、何日か後に超スペシャルドリームを見る事が出来たので、それを2006年の初夢とする。

夢の中でキムタクが私に、
 「やっぱり、君が好きだ。好きで好きで仕方がないんだ。」
と言う。
 「アナタには奥さんがいるじゃない。私も結婚してるし。
  このままの関係でいましょうよ。」

と大人の女らしく彼を諭しても、「好きだー、好きだー」と言って私から離れない。

お伝えしておくが、私はキムタクは好きではないし、むしろ彼が画面に出てくるとチャンネルを変えてしまうほどだ。夢の中の私もそのスタンスは変えていない。
がしかし、あの顔で、あの声で、あのそっけない口調でですよ!
「好きだ」って言われてごらんなさいよ!
まんざらでもないどころか、有頂天にもなるってもんですよ!

あのカッチョイイ顔が私の顔に近づき、超ウルトラ有頂天スーパーハッピーになったところで目が覚めた。

キムタクが私の夢に連続出場するようになってから10年くらいになる。
全ての夢が連続モノになっており、初回登場から回を重ねるごとに、ドンドン二人の仲が進展している。毎回、キムタクが私を好きで好きで仕方がなく、大人なオネエサンの私が彼を諭すが、最後はラブラブハッピーエンドになるという、自意識過剰自己中炸裂なストーリー設定だ。
こんなに長い間、夢の中で連続恋愛ドラマを放映してたら、夢と現実の区別がつかなくなるってもんだ。

先日、スピリチュアル番組を見たら、夢の中で実際に魂同士が会っている事もあると言っていた。そして、スピリチュアルな夢は「カラー」である事が第一条件なのだそうだ。

ハイ!ハイッ!!ハイッハイッッ!!!
先生、カラーです!
キムタクとの夢はオールカラー、プラズマテレビ並の美しさでーーーす!!

私とキムタクは「夢」という媒体を通して実際に会ってる可能性もあるのだ!
キムタクよ、アナタの夢の中で10年間も恋に落ちてる女がいたら、それは私です。
このBLOG見てたら、すぐに連絡下さい。

今年こそ、「脱!妄想アブナ系女」を目指してたのに・・・
やっぱり今年も、妄想道を究めそうな予感・だ・ZO☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/08/29

ラキママドリ~ミング(完全パクリ返し)

今、私は、夢と現実と妄想の区別がつかない。とうとう狂ってしまったみたい・・・。
・・・この記事は、偉大なる妄想ソウルメイト・イヌまるさんにTB初体験として捧げます・・・イヌまるさん、アナタが私の初めてのヒ・ト。

夕べ、私が今最も注目してる天才芸人であり、私が今最も"男"を感じる男性・板尾創路(以下イッツジー)の、これまた一番注目してるお笑い番組「虎ノ門しりとり王」のスペシャル番組があった。全ての用事を済ませ、風呂に入り身体を清めてから、永久保存版ビデオをスタンバリ、テレビの前に座った時点で心臓が高鳴り、呼吸が荒くなる。

天才的発想のしりとりの打ち手、独特の抜け感、色気のある間(ま)のイッツジーの世界観に酔いしれ、駒を持つ手に"男"を感じ、狂おしいほどステキな時間を過ごした。

ありがとう、しりとり王。ありがとう、テレビ朝日。
いとうせいこう氏と松尾キッチュ氏も今夜はノってましたね。お二人とも大好きです。これからも「しりとり王」を際だたせるステキなコメントをどうぞよろしく。
カッちゃん、アナタに「お笑い偏差値が高いから自信を持って」と言われた事は、私の人生最高のホメ言葉。これから寒くなるけど、どうか短パンで風邪ひかないように気をつけて。
MEGUMIよ・・・イッツジーはアナタを抱きたいとは決して思わないので安心して下さい。イッツジーは私の様な貧乳がお好みな・・・ハズ。

さて、この幸せな気分のまま眠りにつこう。もう何も見ないし何もしない。邪念を捨てて布団に入り、イッツジーの夢を見るのだ・・・

そう思いながら布団に入ると、すぐにまんまと夢を見る事が出来た。

夢の中の私は、ベンチに座っていた次長課長の河本と会った。私と河本は友人同士の様だ。

河本と軽い会話を交わしてると、河本が、ふいにトーンを落とし優しい口調で、
 「しりとり王を観ながら、ラキママと携帯チャットが出来たら、楽しいやろうなぁ・・・」
と、さりげなく私に携帯アドレス教えてちょうだい的な事を言ってきた。

 『河本・・・今までアンタの事、ただの友人だと思っていたけど、もしかして私の事が好き?お互いの部屋でテレビを見ながら携帯メールするなんて恋人同士みたいじゃん・・・。
それとも単に私とお笑いについて話したいだけ?ここは一つ軽い感じで教えた方がいいのかも。でもでも、河本は「しりとり王」の実質二位の位置にいる人だよ。携帯チャットなんかしちゃったら、私のお笑い偏差値の低さがバレて、「こんなつまらない女だったのか」なんて思われてさ、そのままフェードアウトかも・・・。
そんなのイヤだ。私、河本に嫌われたくない。
あれ?もしかして私、河本の事が男として好き?』

ここまで妄想してしまうと、もう軽くアドレスなんか教えられない。河本の前で女子高生の様にどぎまぎしていると、全てを見ていたイヌまるさん(いつからいたんじゃ!)が、「ラキママ、携帯貸して!」と私から携帯を取り上げピポパと操作すると、「河本、コレ、ラキママのアドレスね!」と言い、私の腕を肘でツンと叩いて「ガ・ン・バ♪」と目で合図した。

と、いうところで目が覚めた。

久しぶりに、「恋の始まり」という甘い感じに酔いしれボーっとなったが・・・・
イヌまるさんの少女マンガ的お節介友情の裏では「ラキママは河本に押しつけて、と。イッツジーのライバル一人減り~。」という女の計算が見えるんですがねぇ・・・(笑)

それにしても、思い通りに夢が見られるマイ脳味噌って素晴らしい。これもひとえに、日頃から妄想力をつけてる賜ね。しかも完全じゃないところが、また現実味があってすごいわ。もはや、夢が現実で、この現実世界が妄想って気さえするわ・・・。というか、何が妄想で何が現実かも、すでにわからないわ・・・。私、ある聖域に達したみたいよ・・・。

さて、今夜こそ、イッツジーとチューする夢を見るぞぉぉぉ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/15

二足歩行な夢

ここ半年ほど、オヤツなしの基本訓練を徹底するため、オヤツがなくちゃ教えられない芸事は封印しているのだが、それがなんとも非常にさみしい。何か教えたいなぁ、途中で諦めた「後ろ足立ち」を教えたいなぁと思っていたら、夕べまた妄想夢を見てしまった。

夢の中で私は、ラッキーに後ろ足立ちを教えていた。するとラッキーは、おもむろに後ろ足二本で立ち上がり、そのまま余裕の表情でフツーに二足歩行をしだした。

  「ワオ、ワ~オ~!(≧◇≦)」

と叫び喜ぶ私を横目にラッキーは、「シメシメ」という薄ら笑いを浮かべ、なんと、その場で二本足で反復横飛びをし出したのだ。しかもものすごく早く・・・。

興奮も最高潮を迎えた頃、ラッキーに「早く起きてよ~」と腕をバンバン叩かれて目が覚めた。目を開けると、薄ら笑いを浮かべてるラッキーの顔が目の前にあった。

ラッキーよ・・・あんた・・・本当は反復横飛び出来るんとちゃうん?!

20050504

しかし、ありえない夢ばかり見るワタシ・・・頭おかしいのか?
誰か「夢占い」でこんな私を占って~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/09

耳掻きフェスタ

ここ数週間、多いときは4本くらいあった耳掻きがなくなった。

普段は綿棒で耳掃除をしているので、耳掻きがなくなってもさほど困らないのだが、耳の奥の奥が痒くなった時はとても辛い。綿棒でも指でも届かない、耳の奥の痒いところを耳掻きでクイックイッと掻くのを想像しただけでたまらなくなる。さっさと新しいのを買えばいいのだが、部屋の隅から出てくるだろうと思うと、更に薬局で売っている"先端フワフワ綿"のヤツをお金を出して買うのがイヤなのだ。

そんなある日、超くだらない夢を見た。

夢の中での私も、耳掻きがない辛く痒い毎日を過ごしていたが、友人から、お台場だか幕張だかで「世界の耳掻きフェスタ」が開催されるという話を聞いた。夢の中の私でさえも、くだらないフェスタだなぁと思いながらも、世界中の耳掻きが見てみたい、さぞステキな耳掻きに出会えるだろうとワクワクして友人に日程を聞くと、どうしても都合が合わない。落胆した私に友人は、
「耳掻きフェスタの後に、全国のデパートで"世界の耳掻きフェア"をやるよ。フェスタより規模は小さいだろうけど、世界の厳選された耳掻きが揃うよ。」
と教えてくれた。

それだ。
ぜひ「世界の耳掻きフェア」に行こう。きっと、ロシアの耳掻きにはマトリョーシカが、エジプトの耳掻きにはスフィンクスがついているだろう。イギリスのにはスコーンかバラが、中国には肉まん、シンガポールにはマーライオン、チリや北欧のも気になる。海外の素晴らしい耳掻きをたんまりと拝見し、素晴らしい耳掻きを購入するのだ。

そう思った時に目が覚めた。

あまりにもくだらないくせに壮大な内容に、私は自分に感動した。私は、くだらない夢をよく見るほうだが、この夢は、『キムタクとラブラブ編(シリーズ連続もので見ている)』『スーパーサイア人になり手から気を出したり空を飛ぶ編(コレもシリーズモノ)』に続き殿堂入りとなるだろう。

が、夢にまで見るほどに、私の潜在意識の中は耳掻きでいっぱいだったのかと思うと、自分が可哀想になり、とうとう100均で"先端フワフワ綿"の耳掻きを購入した。
コレで思う存分、耳の奥の奥が掻けるってもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)